最低限知っておきたい知識

住宅街

小田原市で注文住宅を建築する場合には、基本的なことを理解しておきたいところです。注文住宅を建築する場合に知っておきたいことの1つは、どの業者に依頼するかでしょう。通常注文住宅を建築する業者の1つは、ハウスメーカーになります。ハウスメーカーは、小田原のみでなく全国的に展開しているところも少なくありません。そのため、テレビコマーシャルで見た業者や新聞の広告で見た業者などを選ぶことが可能になります。これに対して、工務店を選ぶことも十分可能になるでしょう。工務店を選ぶ場合の特徴ですが、地元密着型のところが多いため、その地元にぴったりの住宅の建築を提案してくれます。また、比較的安く施行してくれるのが大きな特徴と言えるでしょう。

どのような費用になるか

住宅模型

小田原で注文住宅を建築する時、やはり気になるのは費用でしょう。費用は土地と建物そして諸費用に分かれます。土地に関しては最初から持っているなら、登記をするだけで完了です。しかし、建物の場合は建築の素材や作りによって大きく変わってくるでしょう。おおむね2000万円位で一般的な住宅を建築することが可能になります。諸費用に関しては、建物と土地の費用の6%前後と考えておけば間違いないでしょう。ちなみに仲介手数料なども諸費用に入ります。

ハウスメーカーで建築する

住宅模型

これから小田原で注文住宅を建築するにあたり、どのような業者を選ぶかが重要になります。業者選ぶときのポイントとしては、ハウスメーカーを選ぶことでハウスメーカーの特徴は、全国展開しているところが多く、名前のシールを取ったところがほとんどになります。あらかじめプラントなどが定められており、そのブランドを利用して建築するわけです。そのため、ちょっと費用が高くなりますがしっかりとした住宅建築をしてくれるでしょう。

工務店で建築する場合

家族

神奈川県小田原市に注文住宅を建築したい場合では、ハウスメーカー以外の選択肢として工務店にお願いをする方法があります。工務店の特徴は、基本的に地元密着型であることです。小田原の事はよく理解していますので、その土地や風土にふさわしいような住宅建築ができるでしょう。例えば、小田原は海に近いですが、潮風に吹かれてもさびないような住宅建築をしてくれます。具体的には、サビ止めを使った塗料等を用いて住宅の対応年数を長くするわけです。それ以外にも、自由設計が基本になりますので顧客の要望も可能な限り答えてくれるでしょう。ある程度自分たちで設計を考えておきたい場合には、ハウスメーカー工務店の方が要望が通りやすいです。

広告募集中